ワールドカップ 予選>負けたけどOK、ポーランド戦

公開日: 

ワールドカップ、予選リーグ第3戦は、既に予選敗退が決まっているポーランドとの戦いでした。
この試合で、日本は、勝つか引き分けなら無条件で決勝トーナメントに進みます。

負けると、同時刻試合開始のセネガルvsコロンビアの結果次第で決勝トーナメント進出か予選リーグで敗退か、ということになります。

結果、日本はポーランドに負けたけど、決勝トーナメント進出という目標を果たしたことになりました。

スポンサーリンク

日本、決勝トーナメント進出

この試合、両チームとも得点が入らないまま、試合が進行します。
前半は、0-0で終了。

このままいけば、引き分けで日本が決勝トーナメントに進むことができます。
しかし、59分、相手フリーキックから日本は失点します。

このままでは、セネガルvsコロンビア戦の結果次第ということになります。

この時間まで、セネガルvsコロンビアも0-0です。
このままいってくれたら、日本はOKです。(決勝トーナメント進出する)

しかし、74分、コロンビアが得点します。
この時点では、日本は負けていますし、コロンビアが勝っています。
このまま進むと、日本とセナガルは勝ち点4で同じです。
が、フェアポイント数で日本が2ポイント上回っているので、コロンビアと日本が決勝トーナメントに進むことになります。

セナガルが反撃し、引き分けに持ち込むと、セネガルとコロンビアが決勝トーナメントに進むことになります。

日本は、攻めていきますが、この大会2連敗しているとはいえ、ポーランドは世界ランキング8位です。
実力はあります。
なかなか点を奪えそうにもありません。

試合終了10分前あたりから、日本は負けているのに、パス回しをはじめました。
このまま負けてもいい、セネガルも負けるであろうということを確信してか(想定してか)引き分け狙いをやめました。
この間、試合終了までにセネガルが追いつくと、日本は敗退となります。

西野朗監督、この作戦(パス回ししてでも負けてもいいと判断しました、当然セナガルもこのまま負けるだろうと予想したわけですね)をよく決めたものです。

スタジアム内は、ブーイングの嵐でしたが、試合終了までパス回しを続けました。

結果は、両試合とも、そのまま進行し、日本は負けたけど、決勝トーナメント進出を決めました。

日本対ポーランド戦、試合結果

2018年 6月28日(木) 23:00キックオフ(日本時間)

日本 0-1 ポーランド (ボルゴグラードアリーナ)

この試合のスタメンです。
大幅に代えて臨みました。

岡崎慎司 武藤嘉紀
宇佐美貴史 柴崎岳 山口蛍 酒井高徳
長友祐都 槙野智章 吉田麻也 酒井宏樹
川島永嗣

得点:なし

交代
27分 岡崎慎司→大迫勇也
65分 宇佐美貴史→乾貴士
82分 武藤嘉紀→長谷部誠

前半は、0-0で終了。

59分、相手フリーキックからベドナレクのシュートが決まり失点します。

日本は反撃するも、なかなか得点できません。
そのまま試合終了。

スポンサーリンク

日本は、ポーランドに敗れました。

この結果、日本が属するH組は、
1位 コロンビア 勝ち点6 2勝0分1敗 得失点差3
2位 日本 勝ち点4 1勝1分1敗 得失点差0 フェアポイント数-4
3位 セネガル 勝ち点4 1勝1分1敗 得失点差0 フェアポイント数-6
4位 ポーランド 勝ち点3 1勝0分け2敗 得失点差-3

よって、H組からは、コロンビアと日本が決勝トーナメントに進みます。

ワールドカップ 予選リーグの順位決定方法

順位を決定するには、以下の通りになります。
(優先順位)

1.勝ち点
2.得失点差
3.総得点
4.当該チーム間の結果
5.フェアプレーポイント
6.抽選

日本とセネガルは、
勝ち点は「4」で同じ、
得失点差は「0」で同じ、
総得点は「4」で同じ、
当該チーム間の結果は、「日本2-2セネガル」で同じ、
フェアプレイポイントは、日本-4、セネガル-6で日本の勝ち、
よって、日本が2位ということになりました。

このフェアプレイポイントも同じだったら、抽選ということになります。

日本の次は

さて、決勝トーナメント進出が決定した日本の次の相手は、ベルギーです。

ベルギーは、2大会連続13回目の出場で、世界ランキング3位の強豪チームです。
ちなみに、日本は61位です。

このワールドカップロシア大会のヨーロッパ予選では、10試合やって、9勝1分0敗でワールドカップ出場を果たしています。
この10試合で、36得点をあげ、失点はわずか3点です。

このロシア大会予選リーグでも、
第1戦 ベルギー 3-0 パナマ
第2戦 ベルギー 5-2 チュニジア
第3戦 イングランド 0-1 ベルギー
の成績で、予選リーグ突破しています。

負けていません、得点も9点、失点はチュニジア戦の2点のみです。

凄い内容ですね、強いですね。
優勝候補といわれるのも納得ですね。

こんな強いベルギーに、日本は勝てるのでしょうか?
厳しいですね。どうしましょうかね?

わたしが思うに、日本の強さは、西野朗監督の「ツキ」にあります。

日本の予選リーグ第1戦(コロンビア戦)では、開始早々、相手はレッドカードを出され退場です。
相手は、10人で戦かわざるを得なくなりました。
おかげで(?)日本は、10人相手に2-1で勝ちました。

第2戦(セナガル戦)は、先に点を入れられましたが、追いつきました。
そして、追加点を入れられましたが、また同点に追いつき、引き分けに持ち込みました。

そしてこの第3戦(ポーランド戦)には、終了10分前くらいに負けていたのに、セナガルはもう追いつけないと判断し、負けてもいける(決勝トーナメントへ)と、パス回しという作戦をとり、作戦とおり負けました。
が、決勝トーナメント進出を勝ち取りました。

この西野朗監督の「ツキ」が、まだ残っていると信じましょう。

ベルギー戦は、7月3日(火) 03:00キックオフです

何か、奇跡が起こることを祈りましょうか。
(ちょっと消極的だけど、祈りましょう)

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑