ワールドカップ 決勝トーナメント1回戦>ベスト8ならず、ベルギー戦

公開日: 

予選リーグを突破した日本は、決勝トーナメント1回戦を戦いました。
相手は、郵送候補ともいわれているベルギーです。

後半開始早々、日本は2点を挙げてリードしましたが、相手ベルギーが2名同時に選手交代したのを機に、より勢いづきました。
試合の流れはガラリと変わり、立て続けに2点を入れ、同点にされました。

そして、試合終了間際、カウンターから1点取られ、負けました。

初のベスト8進出か、と思われましたが、ベスト16止まりの結果になりました。

スポンサーリンク

2-0は、危険な点差

この試合、前半は、日本はよく守ったと思いますよ。
相手ベルギーの攻撃パターンと、相手強力FWの3人、ルカク、アザール、メルテンスの特徴をよく分析して、対応したと思います。

日本守備陣の体を張った守りがあったからこそ、前半を0-0で終えることが出来たと思います。
前半は、日本の思い通りの試合運びじゃなかったのでしょうか。

そして、後半開始早々の48分、柴崎岳(?)のパスを受けた原口元気が、右足を振り抜くとボールがゴールに吸い込まれました。

おぉおーーー、思ってもなかった日本が先制しました。(こりゃすごい!)
そして、その4分後の52分、今度は、香川真司からのパスを受けた乾貴士がゴールを決めます。
立て続けに2点目ですよ、世界ランキングランク3位の強豪ベルギーから2点も取りましたよ。

こりゃ、もしかして・・・・・と、思ったことでしょう。

しかし、サッカー界の格言というかよくある言葉として、
「2-0は、危険な点差」
と、いうのがあります。

2点差ということで、少しスキができるのでしょうか、よく同点に追いつかれ、逆転されるケースをよく見ます。

わたしは、よくJリーグの試合を見ますが、2-0になると解説者の皆さんがよく言います。
「2点差になったら、勝っているチームは3点目を狙え、負けてるチームは、早く1点取り返すように攻撃しろ」と。

サッカー観戦しても、こういう機会に時々遭遇します。。

日本、油断するなよ。(と、テレビ画面へ念を送りました)

ここで、ベルギーは、65分、2名同時に選手交代します。

この2名が入ったことで、ベルギーの攻撃はさらにパワーアップします。
チーム全体もより活性化しますし、リズムが出てきます。

69分、左サイドにいたベルトンゲンがヘディングすると、ボールはふわふわっとゴール右隅に入りました。
川島永嗣、必死の手を伸ばすも届きませんでした。

これ、シュートだったのでしょうか、ゴール前に上げたつもりが入ったのでしょうか。
どちらにしても、この1点が、ベルギーをさらに勢いつけました。
ガラリと、雰囲気も変わりました。

これで、益々リズムに乗ったベルギーは、5分後の74分、交代で入ったフェライニのシュートがゴールに吸い込まれました。

あぁーーーあ、同点にされましたよ。(どうした、日本!気合い入れてがんばれ)

残り試合時間15分ほどです。
このまま、同点で、延長戦でも点が入らないんじゃないか、と思いましたよ、わたしは。
そうなれば、PK戦になります。

スポンサーリンク

PK戦になったら、「ツキ」を持っている西野朗監督です、「運」もあります。
日本のものになるのかなぁ、と思っていました。

しかし、しかし、一番気をつけないといけないカウンター攻撃でやられました、日本は。
それも、アディショナルタイムですよ。
得点したのは、、交代で入ったシャドリです。

同点、決勝点とも、交代で入った選手です。
ベルギーのマルティネス監督の采配が決まったということですね。

やっぱり、「2-0は、危険な点差」が、現実なものとなりました。

※余談
昔、会社員時代ですが、
「家を建てたら転勤」という言葉がありました。
まぁ、これもよく当たっていました。
30代、40代くらいになると、
「○〇地域をあなたの力で売上伸ばしてくれ」とか、
「○〇地域は低迷している。あなたの力で成長させてくれ」
とか言われて、泣く泣く転勤していった人の多いことが・・・・
ちょうど、家を建てる年代とリンクしているからなのかな?

ベルギー戦、スタメン、交代出場選手

2018年 7月3日(火) 3:00キックオフ(日本時間)

ベルギー 3-2 日本 (ロストフアリーナ、ロストフナドヌー、ロシア)

この試合のスタメンです。
予選リーグ1戦目、2戦目と同じです。

大迫勇也
乾貴士 香川真司 原口元気
柴崎岳 長谷部誠
長友祐都 昌子源 吉田麻也 酒井宏樹
川島永嗣

得点:原口元気(48分)、乾貴士(52分)

交代
81分 柴崎岳→山口蛍
81分 原口元気→本田圭祐

前半は、よく守った日本、0-0で終了。
後半開始早々、48分に原口元気、52分に乾貴士が得点。
ベルギーから2点先制です、いけるかな、と思った瞬間でした。

しかし、パワーアップしたベルギー、
69分、ゴール前にヘディングしたボールがそのままゴール。
74分、そしてアディショナルタイム4分、交代で入った選手が得点。
ベルギーの逆転勝ち。

日本の戦い方、「ツキ」「運」があった

大方の予想を覆し、日本は決勝トーナメントに進みました。
(わたしは、予選リーグ、3戦3敗の予想でした)

予選リーグ、初戦のコロンビア戦
相手エース、ハメス・ロドリゲスが大会に入る前から、体調は万全ではない、との報道あり。
現に、スタメンから出場せず。

試合開始早々、相手DFがペナルティアリア内でハンドの反則。
まさかのレッドカードで一発退場。

日本は、試合時間のほとんどを10人相手に戦いました。
結果は、2-1で勝利(勝ち点3)

予選リーグ、2戦目セナガル戦
先行されるも追いつき同点。
また、リードされるが、また追いつき同点。
粘って引き分けに持ち込んだ。
結果は、2-2の引き分け。(勝ち点1)

予選リーグ、3戦目ポーランド戦。
さすがランキング8位。
1点先制される。
日本、せめて引き分けへと、攻めるが相手強し。
結果は、ポーランド1-0日本(勝ち点0)

セナガルも負けたため、フェアプレイポイントの勝負(?)になったが、日本がポイント優位で2位となり、決勝トーナメント進出を決める。

ここまでは、「ツキ」もあり、「運」のありました、日本は。
「運」も実力のうち、とはよく言いますが、そんなに長く続くわけありません。

実力もあり、チームコンディションの良いチームとの戦いは、実力差がでるものですね。

日本代表、でもよくやったと思いますよ。
鼻高々で帰ってきてください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑