花火大会2018>熊野大花火大会 開催日 有料席 チケット

公開日: 

三百余年の伝統を誇る、熊野大花火大会の起源は、お盆の初精霊供養に簡単な花火を打ち上げ、その花火の火の粉で灯籠焼を行ったのが始まりといわれています。

熊野灘に広がる美しい七里御浜や、国の名勝に指定されている鬼ヶ城を舞台に繰り広げられる三重県の熊野大花火大会は、直径約600mに広がる美しい3尺玉海上自爆や、疾走する2隻の船から海へ花火玉を次々と投げ入れ、海上で扇形の花を咲かせる海上自爆が見どころです。

フィナーレを飾る「鬼ヶ城大仕掛け」は、鬼ヶ城の岩場に花火玉を置いてそのまま爆発させるという豪快なものです。爆発音が岩場で共鳴し、その爆風と轟音は会場中を震撼させます。

スポンサーリンク

熊野大花火大会 日程と会場

2018年 8月17日(金) 19:10~21:30

会場:三重県熊野市 七里御浜海岸

小雨決行
(荒天時は2018年8月18日(土)、22日(水)、27日(月)、28日(火)のいずれか1日に延期)

打上玉数:約10,000発
人出予想:約12万人

熊野大花火大会 有料席 チケット

2018年 8月17日(金) 19:10 開演 ( 15:00 開場 )
会場:七里御浜海岸 (三重県熊野市)

熊野大花火大会 有料席 チケット 発売中

>>熊野大花火大会 有料席のチケット購入はこちらから
icon

・一マス席(5人) 2,000円 ※1名分 5枚単位で販売 10,000円 1人2セットまで。
・半マス席(2人) 3,000円 ※1名分 2枚単位で販売  6,000円 1人6セットまで。

当日雨天・高波等により延期となる場合、チケットは花火予備日に有効。
チケットはいかなる事情(紛失、消失、破損など)があっても再発行はいたしません。
チケットは花火大会終了までお持ちください。
1枚につき1名様限り入場可。
2歳以下無料。

熊野大花火大会 会場へのアクセス

熊野大花火大会へのアクセス

●名古屋駅から
特急「ワイドビュー南紀号」で熊野市駅まで約3時間

●新大阪駅から
(1) 最短ルートは、三重県周り、松阪駅から特急「ワイドビュー南紀」(約2時間)でお越しになるルートがあります。
 松阪駅まではルートが多様です。
(2) 乗換の少ないルートは、和歌山県周り、特急「くろしお」で新宮駅まで約4時間
 新宮駅から普通列車で熊野市駅まで約40分です。

■お車でお越しの場合

●名古屋市内から
東名阪自動車道⇒伊勢自動車道⇒紀勢自動車道尾鷲北IC(終点)]⇒R42号⇒熊野尾鷲道路[尾鷲南IC(始点)~熊野大泊IC(終点)]で熊野市です。
※紀伊長島IC以南は無料区間です。

●大阪市内から
(1) 名阪国道/国道25号線経由 [所用時間:3時間20分 所要額:約4,000円+燃料代]  阪神高速松原JCT ⇒ 西名阪自動車道天理IC ⇒ 名阪国道伊勢関IC⇒ 伊勢自動車道勢和多気JCT ⇒ 紀勢自動車道尾鷲北IC⇒ 国道42号線(⇒ 熊野尾鷲道路尾鷲南IC~大泊IC) ⇒ 至 熊野市街地

スポンサーリンク

※花火大会当日、熊野尾鷲道路下り(新宮方面)は交通規制がかかります。  

(2) 名神高速道路経由 [所用時間:3時間20分 所要額:約6,000円+燃料代]   阪神高速豊中JCT ⇒ 名神高速草津JCT ⇒ 新名神高速亀山JCT⇒ 伊勢自動車道勢和多気JCT ⇒ 紀勢自動車道尾鷲北IC⇒ 国道42号線 (⇒ 熊野尾鷲道路尾鷲南IC(始点⇒ [熊野大泊IC](終点)⇒ 至 熊野市街地

※花火大会当日、熊野尾鷲道路下り(新宮方面)は交通規制がかかります。  

(3) 国道169号線経由 [所用時間:3時間30分 所要額:約2,500円+燃料代]   阪神高速松原JCT ⇒ 阪和自動車道美原JCT ⇒ 南阪奈自動車道葛城IC(終点)⇒ 大和高田バイパス小房交差点右折 ⇒ 国道169号線 ⇒ 至 熊野市五郷町

■バスでお越しの場合
●名古屋から
三重交通(名古屋南紀線)
名古屋駅(名鉄バスセンター)からは、4時間です。

●東京から
三重交通(池袋・大宮線)
JR池袋駅東口から、熊野市駅前まで9時間25分
YCAT(横浜駅東口)からは、8時間20分です。

交通
JR熊野市駅から徒歩5分

大泊ICから国道42号を南へ車で5分、尾鷲北ICから国道42号経由で南へ車で40分
※当日は尾鷲南IC~大泊IC間で交通規制あり(時間未定)

熊野大花火大会の見どころ

◆海上自爆
全速力で走る2隻の船から、点火した花火をつぎつぎと投げ入れ、海上で半円形の花を咲かせます。
観客の目の前で花火の火の粉が全速力で走る船を追いかけるように開く様子はスリル満点です。

◆三尺玉海上自爆
400m沖合いに浮かべた鉄骨製のイカダに、重さ250kgの三尺玉を設置してそのまま爆発させます。
直径600mに広がる半円形の美しさをお楽しみください。

◆鬼ヶ城大仕掛け
熊野大花火大会のフィナーレを飾る「鬼ヶ城大仕掛け」は、国の名勝天然記念物でもある鬼ヶ城という岩場や洞窟を利用して仕掛花火を行います。
中でも鬼ヶ城の岩場に、8号から二尺玉までの花火玉を直に置いてそのまま爆発させる大迫力の「鬼ヶ城大自爆」は、花火玉自爆音や爆風に加えて、岩場での反射音や洞窟での響鳴音も加わり大迫力を演出しています。
爆発した花火は扇状に開き、音と光の衝撃が会場中を震撼させます。他では味わうことができない大迫力の花火をぜひとも会場で体感してください。

熊野大花火大会の様子

昨年(2017年)の熊野大花火大会の様子です。

●三重県熊野市のホテル(楽天トラベル)
>>>>こちらから

●問い合わせ先
熊野市観光協会
電話 0597-89-0100

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑