箱根駅伝、2019年の出場校は、出場校の決定方法は、2019年はどこ

公開日: 

お正月恒例の箱根駅伝、来年は第95回大会です。
この箱根駅伝、来年の1月2日と3日に行われます。
正式には、「第95回東京箱根間往復大学駅伝競走」といいます。
この箱根駅伝の出場校はどの大学なのでしょうか。
基礎知識的に説明しますね。

スポンサーリンク

第95回箱根駅伝の出場校は

来年1月の箱根駅伝は、第95回の記念大会になります。
出場校は、例年より2校多い、計23校で争われます。

その23校は、どうやって決まるのでしょうか。

出場できる大学は、まず前回(今年、2018年1月2日、3日に行われた第94回大会)の上位10校(1位から10位)がシード校として出場できます。

そして、関東インカレ成績枠の日本大学。

予選会(今年(2018年)は、10月13日(土)、東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯基地をスタートして昭和記念公園がゴールのコースで行われました)を突破した11校。

合計で23校が、出場します。

それと、出場大学以外から選ばれた、関東学生連合チームが、オープン参加で出場します。
この関東学生連合チームは、成績に含まれません。

箱根駅伝シード校、前回大会上位10校とは

今年(2018年)の正月行われた、第94回箱根駅伝の上位10校です。
覚えていますか?

スポンサーリンク

成績は、
優勝 青山学院大学
2位 東洋大学
3位 早稲田大学
4位 日本体育大学
5位 東海大学
6位 法政大学
7位 城西大学
8位 拓殖大学
9位 帝京大学
10位 中央学院大学
でした。

ですから、この10校は、シード校として無条件で出場できます。

箱根駅伝、シード校以外の出場校とは

来年の95回大会では、「関東インカレ成績枠」というのが初めて導入されます。
これは、関東インターカレッジ(インカレ)の過去5回の合計得点が最多の大学が出場するということになっています。

この関東インカレ出場枠は、すでに日本大学が箱根駅伝の出場枠を獲得しています。

箱根駅伝、予選会での出場とは

前回(94回)大会で、10位までが来年の箱根駅伝には、無条件で出場できますが、それ以外の大学は、予選会に出場して、上位11校に入らないと出場できません。

今年の予選会では、39校が参加しました。
10月13日、東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までの21.0975キロのコースで行われました。

予選会順位結果
1.駒澤大
2.順天堂大
3.神奈川大
4.国学院大
5.明治大
6.東京国際大
7.大東文化大
8.中央大
9.国士舘大
10.山梨学院大
11.上武大

の、11校が出場します。

予選会の詳細は、こちらから

まとめ

来年1月2日、3日に行われる「第95回東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝)の出場大学は、

シード校 10校
関東インカレ成績枠 1校
予選会上位 11校

の計23校が出場します。

熱戦を期待したいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑