箱根駅伝、関東学生連合ってなに?、監督は、メンバーは?

公開日: 

正月恒例の「箱根駅伝」は、正式には、「東京箱根間往復大学駅伝競走」といい、来年(2019年)の大会が、第95回になります。
大学駅伝ですので、大学のチームが出場しますが、「関東学生連合」というチームも出場します。
この「関東学生連合」って、どんなチームでしょうか?

スポンサーリンク

箱根駅伝の関東学生連合ってどんなチーム

来年(2019年1月2日、3日開催)の箱根駅伝は、第95回の記念大会ということで、例年より2校多い23校が出場します。

その出場校とは、
1.前回(2018年の94回大会)の成績が1位から10位までのチーム(シード校)10校。
2.関東インカレ成績枠の1校。
3.箱根駅伝予選会の成績が1位から11位までの11校。
の計22校の大学が出場します。

※箱根駅伝出場大学の詳細は、こちらから

それと、オープン参加の「関東学生連合」というチームが出場します。
この関東学生連合というチームは、どんなチームでしょうか?

関東学生連合チームは、箱根駅伝予選会(10月13日実施、39校参加)で12位以下の大学から、予選会の記録上位者を中心に選ばれます。
これまで本大会(箱根駅伝)に、出走したことのない選手を条件に1校から1人だけ選ばれます。

本大会では、チームも個人も順位もつきません。
いわゆる、オープン参加ということになります。

箱根駅伝、関東大学連合の監督、メンバーはどうやって選ぶの?

関東学生連合チームの、監督はだれがなるのでしょうか。

箱根駅伝予選会で、落選した大学のうち最上位の大学の監督が努めることになっています。
今年(2018年10月13日)の箱根駅伝予選会では、1位から11位の大学が箱根駅伝に出場することが決まっていますので、12位だった麗澤大学の山川達也監督が努めることになります。

さて、箱根駅伝を走る10人のメンバー(登録メンバーは16人)はどうやって決まるのでしょうか?

箱根駅伝予選会で12位以下の大学から、ハーフマラソンの個人成績を基準にまず16名を選びました。(11月17日に発表しました)

その16名は、以下の選手です。時間は予選会の個人成績です。

スポンサーリンク

1.米井翔也(亜細亜大4年)1時間3分23秒
2.国川恭朗(麗沢大3年)1時間3分39秒
3.近藤秀一(東京大4年)1時間3分44秒
4.鈴木大海(創価大2年)1時間3分52秒
5.小林彬寛(専修大2年)1時間3分52秒
6.西沢晃佑(駿河台大4年)1時間3分58秒
7.相馬崇史(筑波大2年)1時間4分6秒
8.田中健祐(東京農業大4年)1時間4分9秒
——————————————–
9.鈴木悠太(平成国際大4年)1時間4分30秒
10.石井闘志(流通経済大1年)1時間4分49秒
11.鈴木陸(明治学院大4年)1時間5分1秒
12.外山正一郎(上智大4年)1時間5分5秒
13.関口大樹(関東学院大3年)1時間5分11秒
14.鈴木優斗(東京経済大3年)1時間5分20秒
15.永瀬孝(桜美林大2年)1時間5分23秒
16.古林潤也(防衛大学校4年)1時間5分29秒

関東学生連合監督の山川達也監督は、上位8人は、故障、病気などのアクシデントがない限り出場させる。
本戦に向けて調整に専念させると言っています。

下位8人は、予選会の記録と11月24日に行われた1万メートル記録競技会の合計タイムで残り2人を選ぶとしています。

予選会9位以下の選手の合計タイム(10月13日行われた予選会+11月24日行われた1万メートル記録競技会)は、以下のとおりです。

1.鈴木悠太(平成国際大4年)1時間34分14秒71
2.鈴木陸(明治学院大4年)1時間34分50秒89
3.古林潤也(防衛大学校4年)1時間35分11秒06
4.石井闘志(流通経済大1年)1時間35分28秒83
5.鈴木優斗(東京経済大3年)1時間35分52秒70
6.永瀬孝(桜美林大2年)1時間35分53秒61
7.外山正一郎(上智大4年)1時間36分1秒24
8.関口大樹(関東学院大3年)1時間36分2秒53

この結果から、判断すると残り2人は、鈴木悠太選手と鈴木陸選手が有力ですね。

※箱根駅伝予選回の詳細は、こちらから

箱根駅伝、関東大学連合のメンバーの注目選手

関東学連連合の注目選手はだれでしょうか?

東京大学4年生の近藤秀一選手じゃないでしょうか。

東京大学の選手として、箱根駅伝常連校の選手と比較しても遜色のない選手です。
1万メートル、29分13秒71の自己記録を持っています。

1年生、2年生の時は、補欠でした。
昨年は、1区を走る予定でしたが、直前にインフルエンザに見舞われ、出場できませんでした。
昨年2月に行われた東京マラソンでは、2時間14分13秒の記録を出しています。

今年は、左膝の故障などあり、満足に練習できなかったそうです。
が、なんとか予選会に出られるまで回復しました。

きちんと調整して、来年こそ箱根駅伝では、関東学生連合、東京大学の近藤秀一として、走って欲しいですね。

まとめ

関東学生連合は、2003年から2013年まで編成された「関東学生選抜」を改め、2015年から「関東学生連合」として再結成されました。
チーム成績も個人記録も順位がつかないオープン参加です。

2007年から2013年までは、正式記録が認められていました。
最高順位は、2008年に4位になっています。

前回(第94回、今年の1月)は、残念ながら、記録で見ると最下位でした。

さて、今年はどのくらいの記録で箱根を走るのでしょうか。
注目したいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑