東京湾花火大会2015の日程、場所、おすすめスポット

公開日:  最終更新日:2015/06/18

東京湾花火大会は、毎年8月の第2土曜日に東京湾で開催されます。
晴海埠頭沖合台船から約12,000発の花火が打ち上げられる大規模な花火大会です。

正式には「東京湾大華火祭(とうきょうわんだいはなびさい)」といいます。

東京湾内ということもあって様々な場所から観覧できます。
場所によって雰囲気が違い、見られる景色も千差万別で、人それぞれの楽しみ方ができるのが特徴です。

2015年の東京湾花火大会について紹介します。

スポンサーリンク

東京湾花火大会2015の日程

日時 8月8日(土)
開催時間 18:50~20:10(予定)

打ち上げ花火数 1万2000発
打ち上げ場所 東京晴海埠頭(晴海埠頭公園)

人出は、約70万人

主催:東京湾大華火祭実行委員会、東京都中央区

※荒天の場合は、中止となります。順延はありません(注意!)

当日の実施・順延・中止については、朝10:00に中央区から発表されます。
東京湾大華火祭実行委員会事務局 03-3248-1561 10:00以降

最寄り駅:
都営地下鉄「勝どき駅」から徒歩15分
東京メトロ「月島駅」から徒歩20分
東京メトロ「豊洲駅」から徒歩30分
JR京葉線「越中島駅」から徒歩30分
都営地下鉄「東銀座駅」から徒歩30分

東京湾花火大会2015の有料席

東京湾花火大会は、尺五寸玉の大きな華火が高さ380mのところで花開きます。
このサイズの花火が上げられるのは、都内では唯一ここだけです。

花火大会は、花火会場(東京湾花火大会では晴海埠頭公園)に近いほど混雑の度合いも大きくなります。
混雑を避け、ゆっくり見たいというのなら、有料席の協賛会場があります。

協賛会場は、
日の出会場(一口7,000円、ひとり4口まで)
晴海個人協賛会場(一口7,000円、ひとり4口まで)
豊洲第1会場(一口5,000円、ひとり6口まで)
です。

例年、6月の中旬から発売されます。
東京都中央区のホームページをチェックしてください。

このチケットは人気ですので、お早めに手に入れて下さい。

>>東京都中央区ホームページは、こちらから

チケットぴあ一般発売>>2015年 6月13日(土) 10:00より発売 (晴海個人協賛会場・自由席)
>>第27回 東京湾大華火祭のチケット購入はこちらから
icon

スポンサーリンク

チケットぴあ一般発売>>2015年 6月13日(土) 10:00より発売 (日の出会場・自由席)
>>第27回 東京湾大華火祭のチケット購入はこちらから
icon

チケットぴあ一般発売>>2015年 6月13日(土) 10:00より発売 (豊洲第一会場・自由席)
第27回 東京湾大華火祭のチケット購入はこちらから
icon

東京湾花火大会2015のおすすめスポット

東京湾花火大会は、東京湾内で打ち上げられますので、晴海からお台場、竹柴から芝浦、汐留あたりで見ることできます。ただし、混み合います。

花火スポットといえる場所

浜松町の世界貿易センタービルの展望台
ここからは、きれいに花火が見られますが、毎年入場制限がかかります。
花火開始時間のかなり前に入場しておかなければなりません。

豊海運動公園
入場券はいらないですが、8000人分の観覧席がいっぱいになると入場制限がかかります。
早めに行く必要があります。

お台場海浜公園
レインボーブリッジ上空に花火が上がります。

品川埠頭
埠頭の最北部は、レインボーブリッジを眺める夜景のスポットでもあります。

都立竹芝埠頭公園
東京湾を挟んだ反対側ですが、打ち上げ場所から近いため迫力ある花火が楽しめます。

ららぽーと豊洲中庭
当日は、中庭が無料開放されます。

東京湾花火大会 2015

人気の東京湾花火大会も今年限りになるかもわかりません。
2020年の東京オリンピックの準備に入るためです。

去年は台風で中止。
もしかしたら来年は中止ということになれば、今年は是非見ておきたいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑