横浜開港祭 花火 2015年日程?有料席はあるの?見学場所は?

公開日: 

6月の花火大会です。

横浜開港記念日である6月2日(火)に行われます。

横浜開港祭2015のフィナーレを飾るのが花火大会です。
夜の横浜港が大輪の花火で彩られます。
打ち上げ花火のほか、レーザー光線による演出で、「光」「音」「水」「花火」の華麗なショーが楽しめます。

関東でいちばん早い夏の花火大会ということもあり、毎年70万人近くの見物客が訪れます。

この横浜開港祭の花火大会について見どころなどを紹介します。

スポンサーリンク

横浜開港祭 花火大会の日程

日時 6月2日(火) 20:20~20:50 (雨天決行)

場所 臨港パーク (横浜市西区みなとみらい1)

打ち上げ場所 臨界パーク前の海上
打ち上げ花火数 約6,000発

アクセス
電車 みなとみらい線「みなとみらい」駅より徒歩5分
   JR根岸線「桜木町」駅より徒歩15分
車 首都高速みなとみらいICから1km


大きな地図で見る

お問い合わせ 横浜開港祭実行委員会 (電話 045-212-5511)

※横浜開港祭は、5月30日(土)、5月31日(日)、6月2日(火)開催しています。
※花火大会は、最終日の6月2日(火)です。
※注意 6月1日(月)は、横浜開港祭をやっていませんのでご注意ください。

横浜開港祭 花火の有料席

花火は、臨界ぱーくのメインステージ後方から上がります。
色鮮やかな花火と音楽、レーザー光線が大会を盛り上げます。

横浜開港祭2014 ビームスペクタクルinハーバー

この花火、音楽、レーザーのコラボレーションをゆっくり楽しむために、有料席が用意されています。

メイン会場ペア席 9,000円 (2名分)エアクッション付き)
国立大ホール前会場ペア席 6,000円 (2名分)ブルーシート
国立大ホール前会場2~5名席 15,000円 (2~5名)ブルーシート

現在発売中です

チケット>>横浜開港祭 花火観覧席
第34回 横浜開港祭 花火観覧席のチケット購入はこちらから
icon

横浜開港祭 花火のおすすめスポット

会場の臨界パークが近くて迫力あります。
しかし、混雑します。
会場の打ち上げ場所、有料席以外にも花火が見られる場所はあります、もちろん無料で。
比較的混雑しない場所を紹介します。

スポンサーリンク

カップヌードルミュージアムパーク
メイン会場から近い穴場といえます。

大きな地図で見る

ぷかり桟橋
シーバスやみなと一周の船が発着するところです。

大きな地図で見る

山下公園
横浜の観光名所です。臨界パークからが離れています。場所によっては、公園内の木が邪魔しますので注意が必要です。

大きな地図で見る

横浜開港祭 花火

横浜開港祭の花火大会は、毎年、横浜開港記念日である6月2日です。
今年は、平日の火曜日になりました。

横浜開港祭をやっていますので、朝からゆっくり楽しんで、夜は花火を楽しめばいいんじゃないでしょおうか。
それには、有料席を確保しておけば安心ですね。

横浜開港祭>>こちらから

夏には早い6月2日の花火大会。
夏を一足早く感じる花火でもあります。

あとは、天気がいいことを祈りましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑