相馬野馬追 2015年の日程、有料観覧席のチケット購入方法

公開日: 

馬と甲冑の祭典といっていいですね、迫力ある武士(?)の姿が数百人。

馬に乗った甲冑姿の武士たちを見ていると、戦国時代かと思ってしまいます。
あるいは、大河ドラマのロケかなっと思ったりします。

間近で見る武士と馬、迫力あります。
相馬野馬追は、1952年に国の重要無形民俗文化財に指定された伝統のある神事です。

スポンサーリンク

相馬野馬追とは

福島県南相馬市で行われる「相馬野馬追」は、相馬氏の始祖、平将門に始まると伝えられています。
野生の馬を放ち、それを敵兵と見立て捕えるという軍事訓練をし、その生け捕りにした馬を神前に奉納したということです。
鎌倉幕府が成立したのちは、こういった訓練は一切禁止されたようですが、この相馬野馬追だけは神事ということで続けられてきました。

実際の「相馬野馬追」の様子を見てみましょう。

相馬野馬追 2014

迫力満点です。
間近で見てみたいと思いませんか?

相馬野馬追2015年の日程

相馬野馬追いは、毎年7月の最終土・日・月の3日間開催されます。
今年(2015年)は、7月25日(土)、26日(日)、27日(月)です。
25日の宵祭り、26日の本祭り、27日の野馬懸からなります。

7月25日(土) 宵祭り
・出陣式・・・相馬市・南相馬市(原町区・小高区)
・総大将御迎・・・南相馬市(鹿島区)12:00
・宵乗り競馬・・・南相馬市(原町区)14:00
・軍者会・・・南相馬市(原町区)

7月26日(日) 本祭り
・お行列・・・南相馬市(原町区)9:30
・甲冑競馬・・・南相馬市(原町区)12:00
・神旗争奪戦・・・南相馬市(原町区)13:00

2日目の本祭りが、相馬野馬追いのハイライトです。
観光客のお目当てはここです。

7月27日(月) 野馬懸
・野馬懸・・・南相馬市(小高区)9:30

本祭り 7月26日(日)
9:30【お行列】
夏空にとどろく花火を合図に、三番螺、陣太鼓が鳴り響き、出発を告げる。
相馬太田神社に供奉する中ノ郷勢を先頭に、相馬小高神社(小高・標葉郷勢)、相馬中村神社(宇多・北郷勢)の順に総勢五百余騎。
総大将、執行委員長、軍師、郷大将、侍大将、軍者、組頭、螺役長・・・などの役付騎馬が整然と駒を進める。
行列は陣螺・陣太鼓の合図により時に止まり、時に前進して隊列を整えながら、約3キロ先の御本陣雲雀ヶ原の祭場地へ。騎馬武者全員が甲冑をまとい、太刀を帯し、先祖伝来の旗差物を風になびかせながらの威風堂々にして豪華絢爛な戦国絵巻は、まさに天下無比の圧巻であり、文化財的逸品が揃う「お行列」は動く文化財展として好事家に野馬追をもう一度見たいと言わせる所以である。

12:00【甲冑競馬】
祭場地に到着した行列は、神輿を御本陣に安置し、式典を挙行。しばしの休憩をとった後に、勇壮な甲冑競馬が行われる。甲冑競馬の開始を告げる螺の音。
若武者たちは兜を脱ぎ、白鉢巻をしめる。駿足に自信のある馬にまたがり、先祖伝来の旗差物をなびかせながら風を切って疾走する。この甲冑競馬は、一周千メートル、十頭立てで十回行われる。
指旗のはためく音、鎧、草摺の摺りあう音・・・。渾然となった音のかたまりが、砂塵が舞う中を走り抜ける。迫力と感動のシーンだ。

13:00【神旗争奪戦】
山上の本陣から陣螺が鳴り戦闘開始の合図を告げると、騎馬武者達は馬を駆し、雲雀ヶ原に格好の場求めてたむろする。
陣螺が鳴り終え、空中に炸裂した花火の中から二本の御神旗がゆっくりと舞い下りると、数百の騎馬は一斉にその方向へ。旗の下に群がり、鞭を振りかざしての奪い合いは、抜刀こそないが、まさに戦闘さながらである。
御神旗をとった騎馬武者は高々と誇らしげに旗をかかげながら、本陣山の羊腸の坂を一気に駆け上る。この時のどよめきと喝采は、旗を得た者の最高の栄誉だ。
こうして花火二十発・御神旗四十本が打ち上げられ、そのたびに旗の波が揺れ動く光景は一幅の戦国絵巻をも彷彿させる。満を持していた数百騎の騎馬武者たちが、夏草茂る雲雀ヶ原一面に広がる様は、「青い野馬原一夜のうちに花が咲いたよ騎馬の旗」と歌にも唄われている。

アクセス
7月26日(日)本祭りが行われる福島県南相馬市雲雀ケ原祭場地
JR常磐線「原ノ町」駅下車

※JR常磐線は一部不通となっていますので、不通となっている場合には代行バスや車を利用します。
福島駅から南相馬市
福島駅から相馬市方面
交通案内>>こちらから

スポンサーリンク

会場:福島県南相馬市雲雀ケ原祭場地

相馬野馬追の有料観覧席のチケット購入方法

相馬野馬追の観覧席は、7月26日(日)の本祭りが行われる南相馬市・雲雀ヶ原祭場地に用意されています。

2015年 7月26日(日) 11:00 開演 (08:30 開場) 会場:南相馬市・雲雀ヶ原祭場地 (福島県)

チケットぴあ一般発売>>2015年 6月1日(月) 10:00より発売
相馬野馬追 甲冑競馬 神旗争奪戦 のチケット購入はこちらから
icon

観覧席の種類

観覧内容(甲冑競馬、神旗争奪戦)
●一般自由席(当日券) 大人 1,000円(高校生以上) 6月1日から前売り 大人800円
●団体観覧指定席(20名以上) 一人 1,200円 事前申込みは、4月1日~6月19日

観覧内容(お行列)
●行列観覧桟敷席(5名以上) 一人 2,000円 事前申込み4月1日~6月19日

観覧内容(お行列、甲冑競馬、神旗争奪戦)
●セット席(20名以上) 一人 3,000円 事前申込み4月1日~6月19日

前売り券販売
 6月1日(月)より、販売開始となります。
前売り券は、相馬野馬追執行委員会窓口または、全国のセブンイレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあにてお求めください。

Pコード 629-131 

店頭販売
◆チケットぴあ
営業時間は、店舗によって異なります。
発券申込用紙に必要事項をご記入のうえ、カウンターにお持ちください。
福島県MAXふくしま 10:00~20:00 不定休
最新情報及び各店舗の所在地は、こちらをご覧ください。

◆セブン-イレブン
24時間/発売初日10:00~ 要Pコード
毎週火・水曜日1:30~5:30は、システムメンテナンスのためご利用いただけません。
マルチコピー機
[操作方法:トップ画面→エンタメチケット→チケットぴあ→Pコードで探す・キーワードで探す]

◆サークルK・サンクス
あさ5:30~深夜2:00/発売初日10:00~
Kステーション[操作方法:トップ画面→チケット→チケットぴあ]
Kステーション未設置店では、お店にあるチケット申込書に必要事項をご記入のうえ、カウンターにお持ちください。お求めチケットのPコードが必要です。

電話予約
◆チケットぴあ
[TEL]Tel.0570-02-9999(オールジャンル)
音声認識予約及びPコード予約/24時間受付/発売初日10:00~
予約済みチケットの受取は、チケットぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクス(Kステーション設置店舗のみ)での紙発券、もしくは配送が可能です。
毎週火・水曜日2:30~5:30は、システムメンテナンスのためご利用いただけません。
発信者番号非通知の方は接続できません。

インターネット販売(パソコン/携帯電話)
◆チケットぴあ
[URL]http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1514671
会員登録が必要(無料)/24時間購入可能/発売初日10:00~
予約済みチケットの受取は、チケットぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクス(Kステーション設置店舗のみ)での紙発券、もしくは配送が可能です。
毎週火・水曜日2:30~5:30は、システムメンテナンスのためご利用いただけません。

※ご購入手数料について
インターネット・電話予約・店頭販売にてチケットをご購入の際、チケット代金の他に、システム利用料、紙発券手数料、配送手数料等が別途必要になります。
ご購入内容により手数料が異なりますので、お申込み・ご購入の際にご確認ください。

相馬野馬追

相馬野馬追、見ているより、甲冑姿で馬に乗って草原(?)を駆け巡りたいですね。
わたしは、馬に乗れないけれど。
何百人が、駆け巡るのだから迫力あります。

相馬野馬追 Samurai troops festival in Fukushima Japan

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑