岡崎花火大会2015の日程、有料席は桟敷席、観覧場所は

公開日: 

夏の風物詩といえば「花火大会」です。

愛知県岡崎市で開催される岡崎花火大会は、愛知県で行われる大がかりな花火大会として有名です。
48万人という大勢の人が花火見物に訪れます。

岡崎は、徳川家康が生まれたところとしても有名です。
その岡崎花火大会とは。

スポンサーリンク

岡崎花火大会2015の日程は

岡崎花火大会の、正式名称は「岡崎城下家康公夏まつり 第67回花火大会」といいます。

開催日時 平成27年 8月1日(土) 午後6時50分~午後9時

場所 岡崎市 乙川河畔(殿橋下流)、矢作川河畔

内容 仕掛け花火、金魚花火、各種スターマインなど

観覧席 乙川河川敷殿橋下流右岸に桟敷席を設置します。

※桟敷席は、すべて事前申し込みが必要です。

※雨天決行ですが、警報等の荒天または乙川増水の場合は翌日の8月2日に順延となります。
開催の有無は、当日午前11時の決定します。

交通規制 会場周辺の道路に交通規制がかかります。
>>駐車場・交通規制のマップ>>こちらから

お問合せ先 岡崎市観光課 電話 0564-23-6216 FAX 0564-23-6731

岡崎花火大会2015の有料席は桟敷席

有名な花火大会は、有料観覧席で、じっくり見るに限りますね。
岡崎花火大会では、有料観覧席として、観覧用桟敷席が用意されています。

協賛者向け販売価格
・桟敷 1桝 32,000円 (定員:6名、約1坪=畳2畳分)
・電灯(裸電球)1灯 4,000円(希望者のみ)

一般向け販売価格
※7月5日(日)予定に行う一般桟敷抽選会において、当日所定の場所、所定の用紙で申し込みをした希望者本人に対し、抽選で決定し即日販売します。

スポンサーリンク

・桟敷 1桝 45,000円(定員:6名)
・電灯(裸電球)1灯 4,000円(希望者のみ)

詳細は>>こちらから

岡崎花火大会2015の観覧場所は

岡崎花火大会は、乙川河畔と矢作川河畔の2カ所で花火を打ち上げています。

目的に合わせて、観覧場所を選ぶといいですよ。

・屋台で飲食を楽しみたい⇒乙川会場
・迫力ある花火を間近で見たい、混雑していない場所でゆっくり見たい⇒矢作川堤防
・遠くからでいいので、混雑していない場所でゆっくり楽しみたい⇒岡崎中央総合公園花火ビュースポット

車でのアクセス
当日は、市内の道路は大渋滞します。
また、乙川会場、矢作川堤防周辺は駐車場がありません。
車はヤメタ方が賢明です。

電車
乙川会場へのアクセス
名鉄名古屋本線 東岡崎駅、岡崎公園駅 徒歩10分
愛知環状鉄道 中岡崎駅 徒歩10分
JR東海道線 岡崎駅で愛知環状鉄道に乗り換え中岡崎駅 徒歩10分

矢作川堤防 左岸(川の東側)へのアクセス
名鉄名古屋本線 岡崎公園駅 徒歩10分
愛知環状鉄道 中岡崎駅 徒歩10分

矢作川堤防 右岸(川の西側)へのアクセス
名鉄名古屋本線 矢作橋駅 徒歩15分


名鉄 東岡崎駅は、大変混雑します。
帰りの切符は、事前に購入しておくべきですね。

岡崎花火大会2015について

徳川家康の生まれたところで打ち上げられる花火大会、岡崎花火大会は「岡崎城下 家康公まつり」のイベントのひとつです。
ですから、徳川家康に倣って大がかりな花火大会にしたのかな。

岡崎花火大会の様子です。

岡崎市花火大会2013年8月3日

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑