大文字送り火とは、日程と点火時間、スポット場所は

公開日: 

毎年8月16日午後8時から、京都盆地の周囲の山に、炎で描かれた「大」「妙法」の文字や鳥居の形、船が次々に浮かび上がります。
はテレビニュースなどで、一度は目にした事があると思います。

いまや京都の夏の風物詩となっていますが、送り火ですから、お盆の行事のひとつです。
お盆に帰ってきた先祖の魂を供養し、そして再び送り出すのです。

この大文字送り火、実際に現地で見てみたいですね。

スポンサーリンク

大文字送り火とは

大文字送り火は、今では京都の有名な夏の行事のひとつですが、その由来や起源というのは謎に包まれていいます。
平安京では、ほとんどの行事ごとや風物は朝廷などの公式な記録が残っていますが、大文字送り火は公式記録がないため、誰がどうして何のために始めたことなのかは分からないままになっています。

民衆による自発的な行為だったため記録されなかったのではないかともいわれ、昔の京都のほとんどの山々では送り火が燃やされていた時期もあるとも伝えられています。

お盆は、ご先祖様をお迎えし、供養し、その後再び冥土に送るという意味を持つ儀式です。
大文字が行われる時期は、お盆の時期ですので、日本人とお盆の関係が関わっていると考えられています。

大文字送り火の日程と点火時間

大文字送り火(五山の送り火)は、毎年8月16日に行われます。
今年(2015年)は、日曜日ということになります。

スポンサーリンク

8月16日(日)

五山の点火時間

20:00 大文字 東山如意ヶ嶽
20:05 妙法 松が崎
20:10 舟形 西加茂船山
20:15 左大文字 大北山
20:20 鳥居形 北嵯峨水尾山(曼荼羅山)

※雨天決行

五山の点火場所

大文字送り火のスポット場所

今や京都の夏の風物詩となっている大文字送り火です。
観光ツアーもあるくらいですから当日は混み合います。

大文字送り火の観覧スポットとしては、以下のところがあります。

・北大路橋
・今出川通りの鴨川付近、今出川大橋
・嵐山渡月橋付近
・京都御所
・船岡山公園
・金閣寺
・広沢池周辺
・高野川堤防付近

大文字送り火、見どころマップ
>>こちらから

大文字送り火

大文字送り火(五山の送り火)当日(8月16日)は、京都市内のビルも照明を落とします。
山に点灯される送り火、幻想的です。

2014年 京都・五山送り火(大文字送り火)

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑