宮島 厳島神社の管弦祭、日程は、見どころ、宿泊は

公開日: 

その昔、都では、貴族が池や河川に船を浮かべ、優雅な「管絃の遊び」というのをしておりましたとさ。
瀬戸内海に浮かぶ宮島に厳島神社を造った平清盛は、この風習を厳島神社に移し、遊びではなく神様をお慰めする神事として執り行うようになりました。

そのため河川でなく、瀬戸の海を舞台に雄大に繰り広げられるダイナミックな平安絵巻を思わせる海に囲まれた宮島ならではの優雅な祭りとなりました。

この優雅なお祭り、平安絵巻を、瀬戸内海、広島の宮島厳島神社で見てみたくないですか?

スポンサーリンク

宮島 厳島神社 管弦祭の日程は

広島県にある宮島の瀬戸内海の浮かぶ厳島神社(いつくしまじんじゃ)。
管弦祭は、ここで行われます。

夕方から深夜にかけて、海上で繰りひろげられる幻想的な京絵巻の世界を見ることができます。

管弦祭は、旧暦の6月7日に行われます。
海上の神事であることから、潮の干満を考慮し、大潮であること、ほぼ満月に近い月が瀬戸の海を明るく照らすことなど絶好の条件が、旧暦の6月7日であることに由来しています。

今年(2015年)の、旧暦6月17日は、8月1日ということになります。

管弦祭

開催日 2015年 8月1日(土)

場所
宮島の厳島神社、対岸の地御前神社、宮島の長浜神社、大元神社

管弦祭の行事予定時刻

16:00 発輦祭[はつれんさい]
17:00 御本殿出御
17:40 大鳥居前の儀
19:00 火立岩[ほたていわ]
20:20 地御前神社
21:40 長浜神社
22:30 大元神社
23:20 火焼前[ひたさき]
23:30 客神社前
24:00 御本殿還御

宮島 厳島神社 管弦祭の見どころ

管弦祭は、午後4時厳島神社の本殿で発輦祭(はつれいさい)があり、次に御鳳輦(ごほうれん)を管絃船に移し大鳥居前の儀を終えて、船内で管絃を合奏しながら対岸の地御前神社に向かいます。

火建岩沖に一時停船し、提灯に明かりが灯る頃、地御前神社からの御迎船を水先に地御前神社前の浜辺で祭典と管絃が奉奏されます。

祭典後、管絃船は宮島に向かい、長浜神社、大元神社で順次祭典を行い、大鳥居をくぐって客神社前で祭典と管絃があり、さらに狭い枡形に入り一気に御座船を三回廻りながら管絃を奉奏します。

スポンサーリンク

このダイナミックな儀式が厳島神社管絃祭のクライマックスであり、参拝客の興奮した声と拍手は、潮の香りのする廻廊にこだまし、夜空には満月が輝きます。

この儀式が終わると神様は本殿に還御され、真夏の瀬戸の海を舞台に繰り広げられた一大平安絵巻は幕を閉じます。

宮島 厳島神社 管弦祭 ホテル、旅館

管弦祭は、夕方4時に始まり、深夜0時まで続きます。

夜になると幻想的な光景が広がります。
最後までご覧になることをおすすめします。

宮島のホテル、旅館を予約し、ゆっくり見物するのがよいでしょう。

宮島のホテル、旅館、楽天トラベルで探す>>こちらから

宮島のホテル、旅館、じゃらんで探す>>こちらから

宮島 厳島神社 管弦祭

幻想的な平安絵巻の管弦祭。
夕方から深夜0時まで続きます。

そして日本三景のひとつでもあります。
海上に立つ赤い大鳥居は、高さ16mあり、干潮時には、すぐそばまで歩いて行けます。
満潮時には、海の中に立っています。

宮島は、見るところイッパイで、ロープウエイで弥山へ登ると、瀬戸内海が一望できます。
あなご飯、焼カキ、もみじ饅頭などが有名です。
宮島で宿泊して、夕方から深夜までゆっくり過ごすのがおすすめです。

厳島神社 管弦祭 日本三大船神事[管絃祭]と花火

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑