神奈川新聞花火大会2015の日程、有料席とチケット

公開日: 

夏の風物詩といえば「花火」ですね。

みなと横浜で美しい夜景と共に打ち上げられる花火。
神奈川新聞花火大会は、横浜で最も大規模の花火大会です。

例年、約20万人が集まる、神奈川新聞花火大会は、みなとみらい21地区臨港パーク前の海上から花火が打ちあげられます。約15,000発の花火を、横浜の夜景と共に見ることができます。
また、首都圏の大会では唯一2尺玉が打ち上がることが特徴です。

スポンサーリンク

神奈川新聞花火大会2015の日程

第30回神奈川新聞花火大会

開催日時 2015年 8月4日(火) 19:00~20:15

※小雨決行(荒天時は2015年8月5日(水)に延期)

開催場所 横浜みなとみらい21 臨港パーク前面海上

打ち上げ数 約1万5000発
昨年の人出 約20万人

交通
JR・東急電鉄・横浜高速鉄道・横浜市営地下鉄 横浜駅東口から徒歩20分
JR・横浜市営地下鉄 桜木町駅から徒歩15分
横浜高速鉄道 みなとみらい駅または新高島駅から徒歩10分

※当日は会場周辺で交通規制あり

問い合わせ先
電話:045-227-0744 神奈川新聞花火大会事務局(平日10:00~17:00)

神奈川新聞花火大会2015の有料席

神奈川新聞花火大会は、有料席を設けています。

例年、20万人という人出ですので、混雑は必須です。
有料観覧席(指定席)を事前にゲットし、当日はゆったり花火鑑賞するのがベストですね。

有料席は、花火鑑賞券と個人協賛者席があります。

個人協賛者席が、指定席。
花火鑑賞券は、自由席です。

スポンサーリンク

神奈川新聞花火大会2015のチケットについて

神奈川新聞花火大会 協賛席について

個人協賛者席

耐震バース会場協賛席(A)と臨港パーク会場協賛席(B)があります。
全席指定椅子席です。

耐震バース会場協賛席(A):ドリンク・お菓子付
みなとみらい21中央地区内 内貿(耐震)バース内

チケット購入は>>こちらから

臨港パーク会場協賛席(B):ドリンク・お菓子付
みなとみらい21中央地区内 臨港パーク内

チケット購入は>>こちらから

アクセス
横浜駅より徒歩20分
地図>>こちらから

花火鑑賞券
臨港パーク/カップヌードルミュージアムパーク

席種は、自由席
大人(高校生以上)2,600円 子供(小中学生)500円  定員:1名
※小学生未満は無料(保護者同伴)
※入場時に1名に1枚アウトドア用ポータブルシートを配布(その他のシートは持ち込み禁止)

花火鑑賞券の販売
ローソン店頭Loppiで発売中です。

また、花火大会当日も14時から下記の3か所にて販売予定です。
臨港パーク入口(パシフィコ横浜ホール)
カップヌードルミュージアムパーク入口
はまみらいウォーク(横浜そごう/スカイビル間の2階デッキ)

神奈川新聞花火大会

多彩な花火が横浜の夜景に華を添える「神奈川新聞花火大会」。
日本煙火芸術協会会員の作品(尺玉)と、音楽に合わせて打ち上げられる花火が目玉です。

尺玉の連発、大スターマインなどが、横浜の夜景の打ち上げられます。

第29回神奈川新聞花火大会スカイシンフォニー in YOKOHAMA/カナロコ

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑