熊野大花火大会2015の日程、有料席とチケット、見どころは

公開日: 

300年もの伝統を誇る「熊野大花火大会」は、お盆の初精霊供養が起源とされています。
現在でも初精霊供養の灯籠焼きがプログラムに組み込まれています。
熊野灘に広がる七里御浜、鬼ヶ城を舞台に約1万発の花火が打ち上げられます。

スポンサーリンク

熊野大花火大会2015の日程

正式名称は「熊野大花火大会(くまのおおはなびたいかい)」といいます。

毎年8月17日開催です。

開催日時 2015年 8月17日(月) 19:10~21:30

※雨天・高波の場合の予備日は、8月18日(火)、24日(月)、25日(火)、31日(月)です。

会場 三重県熊野市木本町 七里御浜海岸

打上玉数 約10,000発
人出 約20万人

交通規制 あります。

アクセス
電車の場合
JR紀勢本線「熊野市」駅から徒歩5分

車の場合
熊野尾鷲道路「熊野大泊」ICから国道42号を七里御浜方面へ車で2km

渋滞状況について
会場周辺は大渋滞いたします。できるだけ公共交通機関をご利用ください。例年、熊野市に通じる国道42号線は大渋滞しております。

主催、問合せ先 熊野市・熊野市観光協会 電話:0597-89-0100

>>公式ホームページ>>こちらから

熊野大花火大会2015の有料席とチケット

熊野大花火大会には、有料席があります。
迫力ある花火は、前売りチケットを購入しゆったり観るのがベストです。

チケットぴあ一般発売>>発売中
>>熊野大花火大会のチケット購入はこちらから
icon

スポンサーリンク

2015年 8月17日(月) 19:10 開演 (16:00 開場) 会場:七里御浜海岸 (三重県) .
一マス席(5人) 2,000円 ※1名分。
半マス席(2人) 3,000円 ※1名分。

熊野大花火大会2015の見どころ

・海上自爆
全速力で走る2隻の船から、点火した花火をつぎつぎと投げ入れ、海上で半円形の花を咲かせます。
観客の目の前で花火の火の粉が全速力で走る船を追いかけるように開く様子はスリル満点です。

・三尺玉海上自爆
400m沖合いに浮かべた鉄骨製のイカダに、重さ250kgの三尺玉を設置してそのまま爆発させます。
直径600mに広がる半円形の美しさがお楽しめます。

・鬼ヶ城大仕掛け
熊野大花火大会のフィナーレを飾る「鬼ヶ城大仕掛け」は、国の名勝天然記念物でもある鬼ヶ城という岩場や洞窟を利用して仕掛花火を行います。
中でも鬼ヶ城の岩場に、8号から二尺玉までの花火玉を直に置いてそのまま爆発させる大迫力の「鬼ヶ城大自爆」は、花火玉自爆音や爆風に加えて、岩場での反射音や洞窟での響鳴音も加わり大迫力を演出しています。
爆発した花火は扇状に開き、音と光の衝撃が会場中を震撼させます。
他では味わうことができない大迫力の花火をぜひとも会場で体感してください。

熊野大花火大会

熊野大花火大会は、火と音の共演です。
華麗と爆音です。

熊野大花火大会 Kumano Fireworks 2013

帰りの混雑は、半端ないです。
国道42号線は、片側1車線で抜け道もほとんどありません。
当日、昼について、帰りは混むので、明け方まで現地にいて(仮眠)して朝出発する人もいるとか。
列車は、単線で増発もできないもよう。
でも、花火は超迫力、感激すること間違いなしです。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑