宮津燈籠流し花火大会2015の開催日は?有料観覧席と見どころ

公開日: 

京都府宮津市の宮津湾と空を鮮やかに染め上げる「宮津燈籠流し花火大会」は、約1万個の灯ろうが宮津湾に流され始めると、打ち上げ花火が夜空に打ち上げられます。
クライマックスは、海上スターマインが海と空を鮮やかに染め上げます。

スポンサーリンク

宮津燈籠流し花火大会の開催日

開催日 2015年 8月16日(日)

開催場所 宮津湾一帯、島崎公園周辺

時間
 19時00分~ 燈籠流し
 19時30分~ 花火打上げ(~20時30分)
 20時30分~ 盆踊り大会

アクセス
京都丹後鉄道 宮津駅下車徒歩10分
京都縦貫自動車道 宮津天橋立ICより5分

お問い合わせ先
宮津商工会議所 TEL 0772-22-5131

宮津氏観光推進係
住所626-8501 京都府宮津市字柳縄手345-1
電話番号 0772-45-1625

宮津燈籠流し花火大会の有料観覧席

宮津燈籠流し花火大会には、有料席が用意されています。

花火はゆったりみたいものです。
それには、有料席で観るのがベツトです。

スポンサーリンク

●チケットぴあ一般発売>>発売中
>>宮津燈籠流し花火大会≪有料観覧席券≫のチケット購入はこちらから
icon
2015年 8月16日(日) 19:30 開演 ( 17:30 開場 ) 会場:島崎公園周辺 (京都府)
大人(中学生以上) 2,000円 / 子供(小学生) 1,000円

宮津燈籠流し花火大会の見どころ

日本三大燈籠流しのひとつ、江戸時代から続く伝統行事です。

城下の人々が盆の精霊送りとして海へ燈籠を流したのが始まりです。
初盆の家から送り出された「精霊船」を囲むように約1万個の紅白の燈籠が海面を漂います。

そして、約3,000発の色とりどりの花火が大空に弾け、海に空に美しい光の祭典が展開されます。

クライマックスは海上スターマイン。

花火大会が終了すると、島崎公園では「宮津おどり」(盆踊り)が始まります。

花火は1924(大正13)年、鉄道の開通を記念して打上げたものが今日まで続いています。

宮津燈籠流し花火大会

宮津燈籠流し花火大会

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑