高校野球西東京大会、代表は早実、注目選手、西東京の甲子園は

公開日: 

夏の高校野球、西東京大会は、逆転で(大逆転といっていいでしょう)早実が優勝しました。
早実は、5年ぶり29回目の出場となります。

スポンサーリンク

高校野球西東京大会は早実が優勝

高校野球、西東京大会は、7月26日、神宮球場で決勝戦(早実対東海大菅生)が行われ、早実が逆転で優勝しました。

試合は、東海大菅生が3回裏に4点先制、6回裏にも1点追加し、有利なまま7回まで進みました。
この時点で5点リードです。
しかし、8回表、早実が一挙8点を取って大逆転し、勝利をつかみました。

和泉実監督、53歳、は
「今までやってきた大会の中で、一番苦しかったです。」
と、試合後のインタビューで語りました。

加藤雅樹主将(3年)は
「今までずっと悔しい思いばかりしていた。何点差ついてもあきらめないつもりで、本当に勝てて良かった」
と、感激の表情でした。

●早実、西東京大会優勝までの軌跡
3回戦:早実8-4東大和南
4回戦:早実12-5府中西(7回コールド)
5回戦:早実9x-8日野(サヨナラ勝ち)
準々決勝:早実11-5八王子学園八王子
準決勝:早実2-0日大三
決勝:早実8-6東海大菅生

高校野球西東京大会優勝、早実の注目選手は

早実の注目選手は、何といっても清宮幸太郞選手(1年生)でしょう。

・清宮幸太郞
1999年(平成11年)5月25日生まれ。
身長184センチ、体重97キロ、右投げ左打ち、一塁手。

リトルリーグ時代から、実力はずば抜けていました。
早実中学の1年生の時、東京北砂リトルに所属していた清宮幸太郞選手は、2012年、リトルリーグ世界選手権では、「4番、エース」で大活躍し、優勝しています。

その時5試合で3本のホームランを打ち注目されました。打率は、6割6分7厘。
和製ベーブ・ルースを呼ばれたとか・・・・
この時、すでに身長は、183センチ、体重は94キロあったとか。
現在は、184センチ、97キロです。

西東京大会でも、6試合、全試合でヒットを放っています。
20打数10安打10打点、打率5割です。

スポンサーリンク

またお父さんは、ラグビーの名選手であり、現在ヤマハ発動機の監督をしている清宮克幸監督です。
ラグビーは、小学4年生までやっていたようです。

甲子園での活躍を期待したいし、ホームランも観たいですね。

高校野球西東京大会代表の甲子園

夏の甲子園、東京大会は、1974年の第56回大会から、東東京代表と、西東京代表の2校が甲子園に出場することになりました。
西東京は、多摩地域と世田谷区、練馬区、杉並区に所在する東京都の学校が参加します。

西東京代表の主な甲子園での成績です。

・1974年(昭和49年)第56回、西東京初代の代表校は、佼成学園です。残念ながら初戦敗退でした。
・1976年(昭和51年)第68回、桜美林高校が、初出場初優勝を飾っています。決勝戦は、PL学園に4x-3のサヨナラ勝ち。
・1987年(昭和62年)第69回、東亜学園が準決勝で敗れています。相手は、常総学院。
・1990年(平成2年)第72回、日大鶴ヶ丘が初出場。準々決勝で敗退。
・1995年(平成7年)第77回、創価高校が準々決勝で敗退。相手は、東東京の帝京。帝京は優勝しています。
・2001年(平成13年)第83回、日大三高が決勝戦で近江高校(滋賀)を5-2で破り優勝しました。
・2005年(平成17年)第87回、日大三高が準々決勝で敗退。相手は宇部商高、3-5で負け。
・2006年(平成18年)第88回、早実が決勝戦で駒大苫小牧高を4-3で破り優勝しました。
※この時のエースが、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手、駒大苫小牧が現ヤンキースの田中将大投手でした。
※この時、小学1年生だった、清宮幸太郞選手は、甲子園で観ていたようです。これがキッカケなのかな。
・2011年(平成23年)第93回、日大三高が決勝戦で光星学院(青森)を11-0で破り優勝しました。
・2015年(平成27年)第97回、早実は?

西東京大会代表の優勝校は、桜美林高校、日大三高(2回)、早実です。
全国制覇、4回ということですね。

高校野球 西東京大会

早実出身の野球選手といえば、“偉大なる世界の王”こと王貞治選手ですね。

大輔ブームの火付け役、荒木大輔。
ハンカチ王子こと、斎藤佑樹ですかね。

清宮幸太郞選手、仲間入りかな。

清宮幸太郞、足のサイズは31センチです。
ちなみにわたしは、26センチ、こりゃどうでもいいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑