高校野球、2015年夏、準決勝、予想がズバリ当たりました、決勝戦は?

公開日:  最終更新日:2015/08/20

昨日書いた、準決勝の予想、ズバリ当たりました。
いやぁー、こうズバリと当たるとは。
これで、決勝も当たるかな。
楽しみです。

昨日書いた予測記事は
>>高校野球、2015年夏、準決勝、決勝を大胆予想する

スポンサーリンク

仙台育英(宮城) 7 - 0 早実(西東京)

仙台育英 003400000=7
早実   000000000=0

仙台育英の佐藤世那投手は、
早実の注目選手、清宮小太郎一塁手に対して、2塁ゴロ併殺打、2塁内野安打、四球、セカンドフライと、1安打に抑えました。

そして、「3番清宮選手には打たれても、前後を抑えましょう」と書きましたが、
わたしの指示(?)どおり、1番バッター、2番バッター、4番バッターを0安打に抑えました。
5番バッターには1安打打たれましたが。

4戦連続2桁安打の、仙台育英は、この試合でも13安打で10得点です。
佐藤世那投手は、6安打完封と、投打がかみ合っているということですね。

仙台育英は、26年ぶりの決勝進出です。

関東第一(東東京) 3 - 10 東海大相模(神奈川)

関東第一  000000120=3
東海大相模 41004100X=10

東海大相模は、右の吉田凌投手が先発しました。
吉田凌投手は、2日前の準々決勝では4回途中3失点で降板しています。

この試合では、7回を8安打1失点に抑え、準々決勝の雪辱を果たしました。
8回からは、左の小笠原慎之介が、変わった直後2点を失いましたが、キッチリ締めました。

スポンサーリンク

関東第一の注目選手、オコエ瑠偉選手には、
吉田凌投手が、三振、三振、ショートゴロ、と抑え、小笠原慎之介投手は、レフト前ヒットを打たれましたが、第5打席は、セカンドゴロに抑えています。

東海大相模は、2010年以来5年ぶりの決勝進出です。
この時は、興南(沖縄)の敗れ、準優勝でした。

決勝戦

決勝戦は、宮城県代表の仙台育英と神奈川県代表の東海大相模の対戦となりました。

■決勝戦
8月20日(木)
13:00 仙台育英 - 東海大相模

仙台育英が勝つと、東北勢として春夏通じて初優勝となります。

東海大相模が勝つと、45年ぶり2度目の優勝ということになります。
前回優勝は、1975年、PL学園を10-6で破って、初優勝しています。

両チームとも、投打のバランスがとれたチームですね。
好試合を期待しましょう。

さて、決勝戦の予想ですが、
これも、昨日、予想していますので変えません。

昨日書いた予測記事は
>>高校野球、2015年夏、準決勝、決勝を大胆予想する

追記(2015.8.20 記)
決勝戦
仙台育英 6 - 10 東海大相模

東海大相模が、序盤6-3とリードしましたが、仙台育英は、6回裏、2アウト満塁から、佐藤将太選手が、センターオーバー走者一掃の3塁打で同点にしました。
しかし、9回表、東海大相模の先頭、小笠原慎之介選手(投手)が右中間に勝ち越しソロホームラン。その後得点を重ねこの回4得点し、優勝を飾りました。
東海大相模は、45年ぶり2回目の優勝です。

わたしの予想は、見事ハズレました。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑