花火大会2017>横浜開港祭 花火(ビームスペクタルinハーバー) 有料席のご案内

公開日:  最終更新日:2017/05/07

関東で一番早い花火大会といわれています、横浜開港祭りの花火大会。
横浜開港祭りの一環として実施されます。

ここの花火大会の特徴は、レーザー光線による演出で、[光]、[音]、[水]、[花火]の華麗なるショーのような演出を楽しめます。

もちろん、横浜港の夜空に打ち上げ花火が大輪を咲かせます。

スポンサーリンク

有料席のご案内

横浜の花火大会、レーザーを駆使して繰りひろげられる「ビームスペクタルinハーバー」を、ゆっくり楽しむためには、有料席で楽しむのが一番です。
光と音のビームスペクタルを間近で見ることが出来ます。

2017年 6月3日(土) 19:20~19:50頃 臨港パーク特設会場(横浜市西区みなとみらい)

チケット>>第36回 横浜開港祭 市民協賛観覧席(芝生席)
>>第36回 横浜開港祭 市民協賛観覧席(芝生席)のチケット購入はこちらから
icon

会場までのアクセス

電車
みなとみらい線「みなとみらい」駅より徒歩5分
JR根岸線「桜木町」駅より徒歩15分

スポンサーリンク

車 首都高速みなとみらいICから1km

ビームスペクタルinハーバー

昨年、2016年のビームスペクタルinハーバーの様子です。

横浜開港祭について

初夏の風物詩となった「横浜開港祭」は、今年、36回目の開催となります。
今年は、6月2日(金)、6月3日(土)の開催となります。
場所:臨港パークおよびみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺

“Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」~開港からの英知・想いを未来へ繋ぎ次世代との共鳴を広げる市民祭~がテーマとなっており、一日中楽しめるイベントがいっぱいです。

横浜開港祭りの詳細は>>こちらから

昼間はイベントで楽しみ、夜は花火で楽しんでください。
花火は、6月3日(土)です。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑