京都祇園祭2015の日程、山鉾巡行は

公開日: 

京都 祇園祭は、京都市東山区の八坂神社の祭礼で、京都の夏の風物詩です。
毎年7月1日から1ヶ月間にわたって行われます。

祇園祭は、日本三大祭りのひとつといわれています。

京都祇園祭のクライマックスである山鉾巡行を中心に祇園祭の楽しみ方を紹介します。

スポンサーリンク

京都祇園祭2015の日程

京都祇園祭は、毎年7月1日~7月31日まで1ヶ月間行われます。
でも、1ヶ月の間毎日やっているわけではありません。
見どころ、お楽しみなところを抜粋します。

前祭(さきまつり)
7月14日(火) 宵々々山
7月15日(水) 宵々山
7月16日(木) 宵山(よいやま)
7月17日(金) 山鉾巡行(やまぼこじゅんこう)

宵々山、宵山の夜は、屋台が立ち並び賑わっています。
四条通の八坂神社~堀川間で歩行者天国が行われます。
18:00~23:00の予定です。

宵山では、夕刻には山鉾に吊られた駒形提灯に火が灯り、祇園囃子が奏でられます。
クライマックス前夜です。

後祭(あとまつり)
7月21日(火) 宵々々山
7月22日(水) 宵々山
7月23日(木) 宵山
7月24日(金) 山鉾巡行

四条通の歩行者天国、屋台はありません。

京都祇園祭 山鉾とは

「山鉾(やまぼこ)」というのは、いわゆる「山車(だし)」のことです。

「鉾」とは、屋根に長い槍のような武器(鉾)を持ち、直径2メートルもの車輪が付いたものです。
最大のものは総重量約12トンのもの大きさで、鉾の2階にはお囃子をする人々が乗っています。

「山」は、屋根に鉾の変わりに松の木を持っています。
山には鉾と同じように車輪のついたものや人が担ぐものなど、その形態は様々です。

京都祇園祭り山鉾>>こちらから

京都祇園祭 山鉾巡行

京都祇園祭のクライマックスです。

前祭
7月17日(金) 
山鉾巡行(やまぼこじゅんこう)

午前9時、長刀鉾(なぎなたぼこ)を先頭に、四条烏丸を23基の山鉾が出発します。
巡航経路は、四条河原町(9時40分頃)辻回し→河原町御池(10時35分頃)→新町小池(11時35分頃)

スポンサーリンク

山鉾の巡行順は、くじによって決められますが、先頭を行く長刀鉾は、毎年先頭と決まっています。

山鉾巡行の最大の見どころは、辻回しです。
「辻回し」とは、いわゆる方向転換です。

山鉾には、方向転換する機能である舵が付いていません。
交差点を曲がるときには、路面に青竹を敷き水をたっぷりかけます。
その青竹に山鉾の車輪を乗せ滑らせることにより90度回転させます。

辻回しは、こんな感じで行います。

辻回しのポイントは、
四条河原町交差点(ここが一番混み合います)
河原町御池交差点
新町御池交差点
です。

山鉾巡行の様子を見ると、やはりというか混雑していますね。
有名な祭りはどこも大変混んでいますね。

後祭(あとまつり)
7月24日(金)
 山鉾巡行

後祭の山鉾巡行は、前祭と逆に、
烏丸御池を、10基の山鉾が午前9時30分にスタートします。
烏丸御池→河原町御池(10時頃)→四条河原町(10時40分頃)→四条烏丸(11時20分頃)となります。

ゆっくり見物するなら、こちらの方前祭より比較的空いています。
じっくり見るならこちらを見るといいでしょう。

山鉾巡行については、ゆっくり見学する方法があります。
有料観覧席があります。

前祭巡行(7月17日)
有料観覧席 1,180円(全席指定、パンフレット付き)
御池通の寺町通から新町通の間午前10時30分頃(寺町御池)~11時30分頃(新町御池)

後祭巡行(7月24日)
有料観覧席 1,180円(全席指定、パンフレット付き)
御池通の寺町通から河原町通の間(京都市役所前)午前10時頃

お問合せは、
京都市観光協会 TEL:075-752-7070

山鉾巡行マップ>>こちらから

京都祇園祭2015

前祭の宵山は、7月16日です。夏ですので浴衣を着ている人を多く見かけます。

夏の夜を、浴衣を着て、歩行者天国を露店のたこ焼きや焼きそばなどを食べながら散歩するのもいいんじゃないですか。
翌日の山鉾巡行見学に備えて(?)

この日は、もっとも人出が多くなる日ではありますが・・・・・・

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑