ワールドカップ 強化試合 スイス戦

公開日: 

ワールドカップ本番前の国際親善試合、スイス戦が6月9日(土)2:00(日本時間)から行われました。

スイスは、ワールドカップに出場します。
ランキングは6位の強豪チームです。

わたしは、2時に起きてみようとは思っていましたが、結局は起きることできず見ること出来ませんでした。

スポンサーリンク

強化試合 スイス戦 試合結果

2018年 6月9日(土)2:00~(日本時間) スイス、ルガノ

スイス 2-0 日本

日本(西野朗監督)、この試合では、従来のハリルホジッチ監督の時代と同じ4バックで臨みました。

試合内容としては、前半40分、ワントップ大迫勇也が接触負傷で交代。
42分、吉田麻也がPKを与え、スイスのロドリゲスが決めて、1点先制されました。

そして後半37分、セフェロビッチに入れられ0-2で負けました。

日本代表 スタメン

大迫勇也
宇佐美貴史 本田圭佑 原口元気
大島僚太 長谷部誠
長友祐都 槙野智章 吉田麻也 酒井高徳
川島永嗣

スポンサーリンク

交代
前半40分 大迫勇也(負傷)→武藤嘉紀
後半11分 酒井高徳→酒井宏樹
後半11分 宇佐美貴史→乾貴士
後半25分 大島僚太→柴崎岳
後半31分 本田圭祐→香川真司

日本、ワールドカップではどうなるの?

まぁ、日本代表は慣れ親しんだ4バックの方がしっくりとは思います。

今回の相手、スイスは、世界ランキング6位の強豪ですが、日本の伝統(?)「決定力不足}ということですかね。
内容的にも、報道によるとよくなかったようですね。

西野朗監督は、この試合(スイス戦)と次の強化試合(パラグアイ戦)で、選手全員を使うといっていました。
こんな試合では、希望が持てない、ということですかね。

日本代表が最近得点したのは、3月28日の親善試合、ウクライナ戦の1点だけですからね。

「決定力不足」というのは、すぐには解決できない永遠の課題ですからね。
厳しい、苦しいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑