結露とは、結露の原因と対策、グッズ

公開日: 

冬、特にこの時期は、窓や窓枠に結露(けつろ)が出来やすくなります。
結露は、カビの原因ともなるので早めに手を打つ必要があります。
その手は・・・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

結露とは

寒い日の朝、窓ガラスがびしょびしょになっていることがあります。
これが「結露」です。

寒い日、外から暖かい室内に入ると、眼鏡が曇ったり、風呂あがりに冷蔵庫から冷えた缶ビールを取りだした時、缶の外側に水滴がついたりするのも結露です。

結露は、ガラスや部屋を汚すだけでなく、さまざまな弊害があります。

結露が発生する仕組み

部屋のガラス窓の結露について結露がどうやってできるか考えます。
空気中には、目に見えませんが、水蒸気が含まれています。
空気は、暖かいければ暖かいほど、水蒸気をたくさん含むという性質があります。
逆に、冷たくなると含む量は、少なくまります。

冬、部屋の中は、暖房などで暖められています。
窓ガラスの外の空気は、冷えています。

室内の暖かい空気が、冷たく冷え切った窓ガラスに当たると冷やされ、冷やされた空気は、水蒸気を含む量が少なくなりますので、空気中からあふれるということになります。
あふれた水蒸気は、水滴になって窓ガラスに付着することになります。
これが、結露という現象です。

結露の弊害

ガラス窓につく結露。
放っておくと、窓ぎわの床に落ちた結露の水滴で、湿ったりして、じゅうたん、カーペット、カーテンなどを濡らし、カビが発生したりします。

カビが発生しやすく、カビから発生する多量の胞子によるアレルギー疾患になる場合があります。
また、ダニなど他のばい菌の温床になる場合があります。


結露の原因となるもの

空気には、水蒸気が含まれています。
水蒸気の量が増えると、結露の原因となります。
水蒸気の量が多くなるような環境は、次のようなものがあります。

・ストーブ、ファンヒーター(燃料に灯油やガスを使う室内タイプもの)
燃料が燃焼する時に、大量の水蒸気を発生します。
つけっぱなしにしておくと、部屋の湿度が高くなります。
ということは、水蒸気も増えていくということです。

・洗濯物を室内に干す
洗濯物を室内に干すと、洗濯物に含まれている水分(水蒸気)が、部屋中に広がります。

・加湿器
冬は、部屋が乾燥しがちなので、加湿器を使う人が多いですね。
わたしの妻は、のどが弱く、冬になると一晩中、加湿器を使っています。
加湿器は、大量の水蒸気を発生しますので、翌朝は、窓ガラスに水滴がびっしりです。

結露が起こりやすい条件とは、
・湿度が高いこと
・表面温度が低い場所(窓ガラスなど)
・風通しの悪い場所(押し入れなど)
ということになります。

結露対策

結露がついてしまった場合は、
こまめに拭き取ります。


結露対策!カビの原因、結露を一掃!特価品/水滴ワイパー 「結露吸水シート、結露防止シート、…

グッズを活用する


結露でお悩みの方必見!東洋紡モイスファイン使用・日本製・丸洗いOKで清潔湿気/結露/寝汗対策…

結露対策、予防

結露の発生を防ぐためには、結露の発生源を遮断することです。
湿度を上げないこと、すなわち水蒸気の発生(増加)を抑えることです。

・湿度を下げる
・結露する場所の表面温度を上げる
・換気をして、風通しをよくする
ということです。

換気
定期的に窓を開けて換気することです。
部屋の中の湿度の高い湿った空気(結露の原因となる)を、外に逃がしてやることです。

1.朝は、3分でも5分でも窓を開けて換気すると結露が少なくなります。
また、夜寝る前に、寒いけどやはり、3分でも5分でも窓を開けて換気します。
2.寝る前に、新聞紙を窓ガラスに貼り付けておくと、水分を吸収し、翌朝その新聞紙でガラスをふけば掃除にもなります。
3.中性洗剤を溶かしたものをぞうきんに付けて、窓ガラスをふくと結露が少なくなります。
雑巾を使う時は、しっかり絞って水気を極力少なくしましょう。
4.洗濯物を部屋の中に干さないこと。
5.押し入れのふすまは少し開けておくと風通しがよくなります。
また、防湿剤を入れておくのも湿気をため込みません。
6.市販の結露防止スプレーを窓ガラスに吹きかけておくと2週間くらいの効果があります。

結露対策グッズ

結露対策グッズには、結露防止テープ、結露防止シール、結露防止ヒーターなどたくさんあります。


幅がひろーい水とりテープ 結晶柄/コモライフ/結露対策用品/税抜1900円以上送料無料幅がひろー…


【ポイント最大22倍】 マルチヒーター 足元ヒーターマルチヒーター ZZ-NM1500 (150cm)結露…

>>結露対策グッズを楽天市場で探す>>こちらから

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑