ほうれん草は栄養たっぷり、ほうれん草の選び方と保存方法

公開日: 

hourensou
ほうれん草は、ポパイの好物です。
ポパイは、ほうれん草を食べると急に強くなります。
ポパイの恋人は、オリーブ・オイル、ほうれん草とオリーブ・オイルは、相性がいいのですかね。

スポンサーリンク

ほうれん草の栄養

ほうれん草の栄養成分として特筆すべきは、鉄分が野菜の中で最も多く含まれています。
その鉄分の吸収を助けるビタミンCも豊富です。
鉄分は赤血球を作る材料になり、貧血予防に役立ちます。

ほうれん草には、ベータ・カロテンも豊富に含まれています。
ベータ・カロテンは、目や皮膚を健康に保ち、風邪の予防にも効果があります。
油を使って料理をすると、ベータ・カロテンをたくさん摂ることができます。

葉酸は、赤血球を作り子供の発育を助けます。
貧血気味の人や乳幼児、妊娠中の女性は摂りたい栄養素です。
葉酸は、ほうれん草を生で食べるとたくさん摂ることができます。
また、レバーや豆類などにも多く含まれています。

スポンサーリンク

ほうれん草の選び方

ほうれん草は、葉先がピンと張っていて葉肉の厚い、緑が鮮やかなものを選びましょう。

茎が適度な太さで弾力感があり、しっかりしていることも必要です。

葉が下の方から密集して生えていて、根の切り口が大きくて新鮮なものを選びましょう。

葉物野菜をおいしく食べるには、鮮度が大切です。
店頭では、水につけ蘇生させているものがあります。
この場合は、持ち帰るとすぐにダメになります。
早く使い切るようにしましょう。

ほうれん草は、根元に独特の甘みがあります。
切り取らず、泥をきれいに洗って使いましょう。

また、ほうれん草はアクが強いので、調理する時はアク抜きした後、水洗いしてからにしましょう。
アク抜きは、熱湯に塩を加え、ほうれん草の根元から鍋に入れ、1分くらい茹でればいいです。

ほうれん草 保存方法

ほうれん草を保存するには、濡れた新聞紙にくるみ、ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れて保存します。

ほうれん草をそのままにしていると、歯の表面から水分が蒸発してしまいます。

ほうれん草

ほうれん草は、割となんとでも合いますね。
ほうれん草のおひたしがすぐ頭に浮かびます。

ほうれん草と卵炒め
ほうれん草とツナのおひたし
ほうれん草とベーコンのバター炒め
ほうれん草のごま和え
等々

お酒のつまみにもいいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑