車の暑さ対策は温度を下げる、サンシェード、フィルム

公開日:  最終更新日:2015/05/29

夏、屋外に駐車していて車に戻ると、むっとする熱い空気になっていますね。
もうたまらないですね。
車の中の温度は、60度くらいになっているでしょうね。

この不快感をすぐさま解決したいですね。

車の暑さ対策として車内の温度を下げる方法、車内の温度が上がらないようにする方法などを紹介します。

スポンサーリンク

車の暑さ対策として車内の温度を下げる方法

JAF(日本自動車連盟)が、車内温度の測定をした結果があります。
曇で時々日が差すときで車内温度は40度以上、直射日光があたる場合で50度になりました。

これじゃぁ、駐車場に止めておいた車に乗ったら、むっむっ~~~~っときますね。
なんとか解決したいですね。
では、車に乗り込む前にちょっとしたことをするだけでかなり解消します。

乗る前に、助手席の窓を開けます(全開)。
次に、運転手側のドアを5~6回開けたり閉じたりを繰り返します。

これで車内温度は、外気温とほぼ同じになります。
密閉されていた車内の熱気が外へ出るということになります。

ドアの開閉は、別に強く開閉する必要はありません。
普通にやってください。

外出 暑い車内の温度をはやく下げる

車の暑さ対策、サンシェードを使う

駐車をしているとき、車内のどの部分が暑くなるのか?
JAFの実験結果では、ダッシュボード付近が80度近くまで上がりました。

スポンサーリンク

駐車しておく時、なるべく車内の温度が上昇しないようにすればいいですね。
サンシェードを使ってみましょう。
フロントガラスの内側に置いて使う物です。

サンシェードは、太陽の光を遮断してくれますので、車内温度上昇を多少防ぐことができます。

サンシェードを使うポイントは、車内温度が高くなるダッシュボード、ハンドルのところを覆い隠すようにすることです。
JAFの実験結果では、サンシェ-ドをつけた時、ダッシュボードは52度になりました。
これでも暑いですが、付けないときより約20度低いことになりました。

車の暑さ対策、スモークフィルムを使う

スモークフィルムとは、車のガラスに貼り付ける半透明の黒いシートです。
遮熱効果があります。

赤外線カット機能が付いているスモークフィルムもあります。

フィルムを車のガラスに貼るのは、結構難しいですよ。
コツがいります。

自信なければ、ちゃんとしたところでやってもらった方はいいですよ。

車の暑さ対策

駐車場に車を駐める時は、日陰に駐めるのが基本です。
また、屋外より室内、これも基本ですね。
しかし、コレは誰もが狙いますので空いていればラッキーということです。

屋外の場合は、なるべく直射日光があたらない場所に駐めましょう。
太陽の動きなども考慮して、車の向き考えて駐車しましょう。

盗難があまり気にならないような場所では、窓の上部を少し(1~2センチ)開けておくといいのですが・・・・
ちょっと心配がありますね。

少しでも暑さから逃れる工夫をしてのドライブですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑