窓の暑さ対策はフィルム、スプレー、すだれ

公開日: 

夏になると陽射しが強くなりますね。
この陽射しは、ギラギラという言葉が合いますね。
いかにも「暑い」という感じがします。

この夏の陽射し、家の室内から見ると、窓からたくさん入ってきますね。
窓は、家の中で一番開口部が広い場所といえます。
たぶん、開口部の70%は、窓じゃないですか。

当然、窓から一番太陽光が入ってきます。

この窓にひと工夫することで、少しは快適な夏を過ごすことができます。
窓から始める暑さ対策について紹介します。

スポンサーリンク

窓の暑さ対策はフィルムを貼ろう

窓ガラスに貼って、太陽の日ざしをカットし、室内の温度上昇を抑えるフィルムがあります。
いろいろなタイプのフィルムが、ホームセンターなどで売られています。

この断熱フィルム(名前もいろいろあります)は、太陽の日差しを約40%から約80%カットします。
また、同時に紫外線も約95%カットするフィルムもあります。
室内の色あせ・変色を防ぐタイプもあります。

最近では、接着剤を使わずに水で貼るものもあります。

ミラータイプのものは、室内からは外が見えますが、窓の外からは見えずらくなるフィルムです。
これなら、プライバシーの保護にもなります。

窓ガラスに貼るので、窓の開け閉めも可能です。

スポンサーリンク

これらは、ホームセンターで売っていますので、自分の部屋の窓にピッタリのフィルムを購入するといいですよ。

ひとつの例です。

窓の暑さ対策、スプレーもあります

窓用フィルムは、フィルムを窓ガラスに貼る作業が必要になります。

その作業をするのがイヤという方、スプレーという手もあります。

窓にスプレーで吹き付けてから延ばして拭き取るだけの手軽さです。
断熱効果を発揮し、外気の影響を軽減することができます。

これもホームセンターなどで売っています。

窓の外からの暑さ対策はすだれ

窓に暑さ対策をし、窓の外にも暑さ対策をすれば効果大です。

窓の外にすだれを吊すところがあれば、窓に貼ったフィルムとすだれの二重効果になります。

すだれの隙間にできる空気層は熱を通しにくいのですが、遮光をしながら風は通すという性質があります。

また、窓を開けていても目隠しにもなります。

すぐれものですね。

窓の暑さ対策

窓周りの暑さ対策。
まだまだあります。

最近では、緑の遮光ガーデニング。
窓の外に、ゴーヤやヘチマ、朝顔などのツル性の植物を作ったりするのもいいですね。

これは見た目にも緑で目によさそうです。
心の中なら涼しさを感じますね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑