子供の暑さ対策は、エアコンと扇風機を併用、外出時の注意は

公開日: 

夏は連日暑い日が続きます、あたりまえですが。
近年では、最高温度の記録を更新する日も多くなりました。
大人でも暑さにバテ気味になりますが、小さい子供にも負担はかかります。

夏の暑さから、子供(特に小さい子供)を守るにはどうすればいいか、子供の暑さ対策について紹介します。

スポンサーリンク

お昼寝タイムの暑さ対策

日中の一番暑い時間帯が、お昼寝タイムになりますね。
小さい子供は、自分で「暑い」という意思表示ができませんので、お母さんが気を遣ってあげるようにすることが必要です。

子供が昼寝をする部屋は、風通しがよく自然な風が入ってくるようなところで、日陰になるところがあれば理想的です。

そのような環境がつくれないようでしたら、エアコンと扇風機を併用して使いましょう。

エアコンの設定温度を28℃にします。

扇風機も使って、風が直接子供にあたらないような向きにします。
扇風機は上向きに回し、上の空気を下の空気に混ぜ部屋の温度を一定にするようにするといいでしょう。

冷えすぎると風邪を引いてしまうので冷えすぎには注意しましょう。

昼寝の前と、昼寝の後には、水分補給をお忘れなく。

また、子供は体温も高めで熱もこもりやすいので、汗をかいたりする場合もあります。
汗で体が冷える場合もあります。
起きたときは、着替えをさせるなり、水分の補給をしましょう。

スポンサーリンク

外出時の暑さ対策

夏の日中は、一番暑いときでもあります。
できれば、外出は控えるようにしましょう。

でも、どうしても外出しなければならない時もあります。
外出時の子供の暑さ対策です。

日陰を選んで歩くようにしましょう。
水分補給をこまめにしましょう。
この2つのことを頭に入れて、暑さから守ってあげましょう。

保冷剤を利用するのもいいです。
保冷剤を脇や背中に入れます。
抱っこ紐の背中にほうれい剤を装着できるものもあります。

ベビーカーを使用する場合は、道路からの照り返し、日よけ・暑さ対策をお忘れなく。
ベビーカーの日よけは絶対必要ですね。
ベビーカーに乗せるところは、赤ちゃん、子供の方は大人より道路に近いため、道路からの照り返しの影響を受けやすいです。
ベビーカーのシートにの中に専用の保冷シートを入れられるものもあります。
断熱シートなども利用して、暑さから守ることを考えましょう。

外出時には、脱水になりやすいので水分補給は忘れないようにしましょう。

小さい子供の暑さ対策はお母さんが

小さい子供の暑さ対策は、お母さんの役目といっていいでしょう。
特に、赤ちゃんの快適な睡眠は、健康を左右するばかりかぐずりを防ぐためにも有効です。
お母さんも暑いですが、子供の暑さ対策をしっかりしてあげてください。

お母さんも1日1回は、横になるといいですよ。
子供の昼寝の時にでも。
なるべく休みを取るようにして、夏の暑さを乗り越えましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑