夏フェスの準備、持ち物、服装は

公開日:  最終更新日:2015/06/15

初めて夏フェスに行きます。

夏の一日を楽しみたいと思っています。
夏フェスに行くときの準備、何を持っていけばいいのか、どんな服装でいったらいいのか?

初めて夏フェスを楽しむためには?についての情報です。

スポンサーリンク

夏フェスに行くための準備

まずチケット。
これがないと始まりませんね。
出発前にもう一度確認を。

会場、または周辺はクレジットカードが使える場所は限られます。
近所のATMの混雑が予想されます。
現金と小銭を用意しておけば便利です。
小銭入れに入れておくとよいですよ。

貴重品はウエストポーチに入れておくと何かと便利です。
携帯電話、小銭入れ、・・・・など。
携帯電話は、フル充電しておくか、心配なら充電器を持っていきましょう。

バッグは、両手が空くように、斜めがけのバッグがおすすめです。
それと、貴重品を入れたウエストバッグ。
ウエストバックは、必ず身につけておきましょう。

夏フェス会場で持っていると便利な持ち物

夏フェス会場で、持っていると便利で役に立つものです。

タオル
首からかけておけるサイズのもの。汗をかいたときの必需品です。日除けにすることもできます。
大きめのタオルも持っていれば、羽織るものの代わりにもなります。

帽子
日除けとして、熱中症対策として。キャップタイプよりハットタイプの方が首回りの日焼け防止になります。

ウェットティッシュ
食べた後とか、トイレの後とか、手を拭くとき割とよく使います。汗をひどくかいた時にもこれを使うとすっきりします。

水に流せるティッシュ
トイレットペーパーが切れているときなど緊急用に、ひとつ持っていると便利です。

虫除けスプレー、虫刺されたとき用の薬
虫がいそうな場所用に持っていると便利です。

バンドエイド
ちょっとした擦り傷、切り傷のとき、靴擦れにも。

日焼け止め
夏フェスには、必須アイテムです。

水分補給用ドリンク
汗をかきますので、水分補給は必要です。熱中症対策にもなります。
ペットボトルは必ず持っていきましょう。

シート(折りたたみシート)
ごろりと横になりたい時があります。

スポンサーリンク

レインウエア
夏ですので急に雨が降ることがあります。簡易型のカッパは、中が蒸れたり濡れたり破れたりします。できれば、アウトドア用で上下別れたタイプのものがいいです。夜気温が下がった時には保温用にもなります。
※傘はダメですよ。周りの人の迷惑になります。

ビニール袋
ごみが出たときの持ち帰り用。マナーですね。

着替え
夏の外ですから、大量の汗をかきます。着替えは必須ですね。

夏フェスの服装

服装は、汗を良く吸収する素材・風通しの良い素材・動きやすく疲れにくいのがいいですね。
それと、少しくらい汚れても気にならないものがいいですね。

夏の暑さを考えたら、
Tシャツ、短パン(ショートパンツ)でOKじゃないですか。
それと、スニーカー。
タオルを首に掛けて。

靴は、スニーカーでもいいですが、
雨が降った時のことを考えてトレッキングシューズもいいですよ。
素材はゴアテックスのような、雨がしみ込まないようなものが便利です。
混雑の中、足を踏まれても大丈夫かな。

女性なら気になる化粧・・・・
ほとんど落ちてしまうと思った方がいいでしょう。
夏の外、大量の汗をかきます。

ファンデーションも流れ落ちるぐらいですので、UVクリームも汗をかいたら必ず塗りなおしましょう。
日焼け止めのクリームは顔だけではなく、首、手足にも忘れずに塗っておきましょう。

夏フェス

夏フェスは、大勢のアーティストが出演します。
自分が応援するアーティストの時は、前の方に行って精一杯応援、声援してください。

夏フェスは、ピクニック気分、レジャー気分にもなります。
夏の日を楽しむ感覚で出掛けていきましょう。

休憩を取るのも必要です。
熱中症にならないよう、体調に気を配って、楽しい夏の日の想い出を作って下さい。

チケットぴあ

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑