スーパーで買ううなぎの選び方、ふっくらおいしい食べ方

公開日: 

土用の丑の日といえば、うなぎですね。
夏バテ防止のためにもこの日くらいはうなぎ専門店で美味しいうなぎが食べたいですね。

でもなかなかそうはいかないのが現実です、わたしの場合だけかな(?)

土用の丑の日が近づくと、スーパーなどはうなぎ一色になりますね。

スーパーのうなぎでも、一手間かけることによっておいしく食べることができます。

では、どうするか?
ここで紹介しますね。

あっ、ちなみに今年(2015年)の土用の丑の日は2回あります。
7月24日(金)と8月5日(水)です。

スポンサーリンク

スーパーでのうなぎの選び方

スーパーでのうなぎの選び方です。

かば焼きや、白焼きに加工したものは、身が厚くて焼きすぎていないものを選びます。
できるだけ、作りたてを選ぶのがいいのですが、スーパーのうなぎって作りたてを買うのは無理ですね。

肉の筋文様の間隔が狭く、表皮が起伏がはっきりしておりプリプリしたもの。
身も皮も柔らかくこぶりのもの、皮膚に光沢があり、身がはっているうなぎが美味しいうなぎです。

真空パックの時は型崩れしていないか確かめることです。

スーパーのうなぎをふっくらさせましょう

では、スーパーで買ってきたうなぎをふっくらとさせましょう。
手軽に電子レンジに入れて温める・・・・・・
これ、ダメですよ。
パサついて固くなるだけです。

ここでは、フライパンを使ってふっくらさせることにしましょう。

スポンサーリンク

材料・調味料
うなぎ 1尾
酒 1/2カップ
水 1/2カップ
実山椒 2、3粒

1. うなぎについているタレと焦げを水道水で完全に洗い落します。
2. 洗ったうなぎの水気をクッキングペーパーできれいに拭き取ります。
3. 皮目を下にして、フライパンにウナギを並べます。フライパンに入る大きさに切ってください。
4. うなぎが漬かる程度に、酒と水を1:1の割合で混ぜたもので浸します。
5. 臭みを抑えるために、実山椒を2、3粒入れます。(子供には控えたほうがいいでしょう)
6. 形を円形に整えたアルミホイルを落し蓋にし、うなぎの上にかぶせ、中火で温めます。
7. 沸騰したら弱火にし、さらに4、5分程煮つめます。
8. 汁気が少し残るまでうなぎを煮たら、※の「特製タレ」を加えます。
9. 良く絡ませ、1分ほど煮詰めます。

※特製タレの作り方
材料
みりん 3/4カップ
醤油 3/4カップ
砂糖 大さじ2.5杯

材料を鍋に入れ、弱火で5分煮詰めます。
これで特製タレの出来上がりです。

スーパーのうなぎのおいしい食べ方

うな丼にしましょうね。

丼にご飯を入れ、特製タレかけます。
うなぎを乗せ、その上に特製タレをかけて食べます。

山椒をちょっと上等なものにすると、グッと香りも高くなります。

スーパーのうなぎ

スーパーのうなぎでも、ちょっと一工夫、ちょっと一手間かけるだけで、ふっくらふんわりしたうなきになります。

わが家特製のうな丼を作ってみましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑